事業計画書の作成 アメリカで会社設立@米国法人設立マニュアル

携帯電話スマホ・ケータイ対応版はこちらへ


事業計画書作成のあらまし

晴れ事業計画書要約(EXECUTIVE SUMMARY)
事業内容を要約したものを作成。
投資家に見せるときなどは、簡潔に魅力のある要約が書かれていることが重要だ。

晴れ会社概要
株式会社にするのか、有限会社にするのか、個人事業なのか。
場所の設定。事業内容など。

晴れ事業目的
何を目的とした事業をするのか、ということです。

晴れターゲットとするマーケット
対象となる人または企業は誰なのか、そしてどこにその人たちがいるのか。
その対象となるマーケットはどのくらいの大きさなのか、継続性のあるマーケットなのか、などを説明します。

晴れリサーチ
対象としたマーケットに特化した調査を行い、必要に応じてその他のマーケットと比較。表などによりデータを見やすく表示するのがポイントとなるでしょう。

晴れ商品・サービスの定義
どういうプロダクトを扱うのか、どういうサービスを提供するのか。
商品やサービスの内容、性能や特徴を明確にする。

晴れ予 算
ビジネスを行うのにかかる推定のコストを算出し、実際の運営上の経費を計算したものを表示する。

晴れ競合分析
競合する相手は誰で、数はどのくらいあって、どのくらいの規模で展開しているのかを研究した調査結果をもとに分析。
さらに、その競合相手の商品・サービスに対してどう差別化できるのか。

晴れ商品・サービスの提供手段
提供者と受益者をつなげる線をどうやって提供するか。
小売りなのか、通信販売なのか、代理店を使うのか、インターネットによるサービスの提供をするのか、など事業形態を明記します。

晴れ組織体制
誰が実際の運営をするのか、社長、顧問、監査役などの役員の選定、などの明記。

晴れ資金調達計画
投資家からの援助、自己資金、銀行からの借金など資金調達のソースを挙げ、またどのタイミングでそれが調達できるのか予定を立てる。

晴れ収支予想
短期的な見通しと長期的な見通しをベースにした収支計画を明確にする。


携帯電話スマホ・ケータイの方はコチラへ


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。