アメリカ事業進出のヒント アメリカで会社設立@米国法人設立マニュアル

携帯電話スマホ・ケータイ対応版はこちらへ


アメリカ事業進出のメリットとデメリット

アメリカ支店開設の主なメリット・デメリットアメリカ支店開設の主なメリット・デメリットは次のようになります。

晴れメリット
1開業当社に損失が出た場合、日本の本社の利益と相殺し、節税することができます。
2本社経費を合理的な範囲で支店に配賦できます。
3支店利益を本社へ送金する際は、日米租税条約にもとづき10%の源泉徴収を免除されます。

雨デメリット
1日本の本社が、支店の債務についても責任持つ。
2日本の本社が、連邦および州の裁判管轄や税法に服することになる。(支店との取引に関連し本社も税務調査の対象となり得る)
3州課税所得の算出が複雑になる。

現地法人を設立
するか支店を開設するかは、各社の長期的な活動内容から判断すべきと考えられます。
なお、一般的には、銀行などの特殊業務を除いて、訴訟問題や税務が複雑になるとの見地から支店開設を選択ケースは少なくなっているのが現状です。

アメリカ事業進出する方法

日本企業がアメリカに事業進出する場合、2通りの方法があります。

1現地法人を設立する方法
2支店を開設する方法

支店を開設する場合には、
アメリカ国内の他州で設立した法人が支店開設する際と同様に、

「州外法人」

登録を行うことになります。

携帯電話スマホ・ケータイの方はコチラへ


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。