「資本金1円で会社を設立」その影響とは! アメリカで会社設立@米国法人設立マニュアル

携帯電話スマホ・ケータイ対応版はこちらへ


「資本金1円で会社を設立」その影響とは!

「下限額の制限の撤廃」
資本金1円の株式会社設立が可能に!ただし、注意点も。。。
新会社法では株式会社を設立する際そう決められました。
これはつまり、出資金はいくらでもよいことを意味します。
出資金1円としても問題がないというわけです。

新会社法以前にも特例として一部認められてはいましたが、 (5年以内に資本金を1000万に出来なければ組織変更または、解散) 今後は誰でも1円会社の設立が可能になりました。 (出資額は自分で決めればよい、ずーっと1円会社のままでもよい)

旧会社法で特例措置を適用した1円会社は新会社法によってどうなるのか?

という疑問が当然でてきます。
この会社の登記簿謄本には5年以内に資本金を1000万に出来なければ組織変更、または解散という条項が記載されています。
しかし、この場合であっても、株式総会でこの解散事由を定款から削除するという決議した上で、登記簿から関連した条項を削除するように登記申請すれば1円会社のまま存続が可能になります。

このように株式会社を設立すること自体の大きな壁はなくなりましたが、ランニングコストの工面が大変重要になってきます。
会社を興したのに業績が芳しくない時の資金の工面には緻密な配慮が必要になります。



携帯電話スマホ・ケータイの方はコチラへ


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。