新会社法が生まれた背景 アメリカで会社設立@米国法人設立マニュアル

携帯電話スマホ・ケータイ対応版はこちらへ


新会社法が生まれた背景

晴れ企業の在り方の変化
晴れ不安定な日本経済の成長
晴れ企業の国際化


このような時代的背景があります。
これらが新会社法を施行する大きな要因のひとつとなりました。

「企業の在り方」とは、企業間の連携(提携)が盛んになり、それ故、決算書等の信頼性が求められるようになっていることを意味します。

また、現在では以前のような日本経済の成長は止まっています。
本物のみが生き残る時代に変わりました。
つまり、新しくて元気な会社が沢山増えてこないと日本の経済自体、成長しつづけることはできません。

そして企業の国際化。
昔ながらの考え方に捉われていては企業の成長はありえません。
積極的な組織の再編が強く求められる時代です。
いち早く国際化をはかっていかなければ世界の大企業にはかなうはずもありません。

新会社法の特徴のひとつ、「M&Aを柔軟に・・・」という方向性からも組織の積極的な再編は企業にとって重要課題となります。




新会社法では、有限会社が廃止されたのはご存知の通りです。
その背景には、

1有限会社法や、商法特例法などを廃止して新会社法に統一する(よりシンプルになった!)
2旧商法が出来たのは100年以上前で条文などの追加だらけで大変複雑(わかりにくかった!)

などが挙げられます。

有限会社の廃止によって、法律をシンプルにしてわかりやすくするという目的もあるのではないでしょうか?

これから起業して会社を設立しようとする人は、「株式会社」のみを勉強すればよいことになりますので、今回の新会社法施行は商法を理解する上でも大変わかりやすくなったといえます。



携帯電話スマホ・ケータイの方はコチラへ


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。