新会社法施行で注目される「三角合併」について。 アメリカで会社設立@米国法人設立マニュアル

携帯電話スマホ・ケータイ対応版はこちらへ


新会社法施行で注目される「三角合併」について。

欧米を中心に株価が高い外国企業が日本の子会社を通じて自社株を合併対価として渡すことが認められたことによって日本の企業に敵対的買収を仕掛けやすくなります。
この「三角合併」の解禁で外国企業による企業買収が現実味を帯びてきました。

一方で頑固な買収防衛策を講じることは株主の権利を制限するものとして株価下落を招きかねない、という懸念もあります。

日本企業は今後外国企業の敵対的買収(M&A)にどう対処すべきなのか?


制度導入は2007年5月。

同時に買収防衛策となる「種類株式」が認められます。
また、年2回だった株主への配当は回数制限が撤廃されます。

こうした経営の自由度が大幅に増す反面、法令順守を徹底させるため「内部統制システムの基本方針」の策定が義務付けられることになります。



携帯電話スマホ・ケータイの方はコチラへ


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。