新会社法の施行 アメリカで会社設立@米国法人設立マニュアル

携帯電話スマホ・ケータイ対応版はこちらへ


新会社法の施行

ようやく日本でも新会社法が施行されました。(2006/5/1)
企業を巡る環境の変化に対応するカタチで、商法の一部や有限会社法などにまたがっていた会社の設立や組織、運営、管理に関するルールを大きく見直して一本化するものです。
新会社法のポイント

晴れ有限会社法や商法の一部を大幅に見直し、会社法に一本化する。
晴れ記述を片仮名文語体から平仮名口語体に変更する。
晴れ取締役は3人必要だったが1人でも可能になる。
晴れ株式会社の最低資本金が1000万円から1円に引き下げられる。
晴れ配当の回数制限(年2回)が撤廃される。
晴れ法令順守を徹底させるため、「内部統制システムの基本方針」の策定を義務化する。
晴れ特別な権限を付与できる種類株式を活用し、黄金株、ポイズンピルなどの買収防衛策の導入が可能になる。

新会社法の施行で株式会社の設立が変わる!新会社法によって日本でも株式会社の設立がグッと身近になりました。
資本金はこれまでは最低1000万円必要だったのが1円から可能になりました。

また、取締役も3人から1人でオーケー。
さらに出資比率が低くても優れた技術や知識で貢献した人により多くの利益を配分できる 「合同会社」 が新たに登場しました。

これにより大企業と大学研究者が手を組むなどのベンチャーの起業が活発化しそうです。
そして、「有限会社」の新設はなくなり、既存の有限会社は 「特例有限会社」 として存続、
または株式会社への転換が迫られることになります。



携帯電話スマホ・ケータイの方はコチラへ


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。