設立した会社の日本での社名について アメリカで会社設立@米国法人設立マニュアル

携帯電話スマホ・ケータイ対応版はこちらへ


設立した会社の日本での社名について

アメリカで株式会社を設立し、日本で法務局に登記するということは、
アメリカと日本の法人格が手に入るのですから、本当に効率的な設立法
です。
しかも、両方とも「株式会社」の法人格です。

株式会社なのですから日本営業所の商号を「○○株式会社」とか「株式
会社△△」にできたらいいなと思いますね。

日本営業所の商号は基本的にはアメリカ名のカタカタ読み、もしくは英字となります。
しかし、法務局によっては「エービーシー株式会社」のように「株式会社」の文字が使えることもあるんです。

もし、あなたが日本営業所の商号として「株式会社」の文字を使用したければ、
事前に営業所設置場所管轄の法務局で、

「外国会社の登記をしたいのですが、商号に株式会社という文字を入れることができますか?」

と確認してみてください。

使えるかどうかは法務局によってまちまちな判断となっています。
現在、使用できることを確認できている法務局は、

東京法務局練馬出張所
豊島出張所
板橋出張所
大阪法務局本局

などがあります。

もし、「株式会社」で登記ができなくても、名刺や封筒に記載する分には差し支えなく(第三者に誤解を与えないように、

「米国法人○○株式会社」

としたり

「○○株式会社日本営業所」としたほうが望ましい)

また、銀行口座名義
を「株式会社」とすることもできます



携帯電話スマホ・ケータイの方はコチラへ


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。