類似商号・目的を調査する アメリカで会社設立@米国法人設立マニュアル

携帯電話スマホ・ケータイ対応版はこちらへ


類似商号・目的を調査する

日本における商号および目的の決定後、法務局へ行きます。
法務局で同一の事業目的の類似商号がないか調査を行います。

その際に、検討した目的が登記できるかどうか、登記官に確認してもらうことをお勧めします。

法務局に出向いた際に、登記に必要な、

「登記申請書の同一用紙」(コンピュータ化している法務局は「OCR用紙」数枚)
「印鑑届出書」(コンピュータ化している法務局は「コンピューター用印鑑届出書」)

をもらいます。



携帯電話スマホ・ケータイの方はコチラへ


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。