宣誓供述書の認証手続き アメリカで会社設立@米国法人設立マニュアル

携帯電話スマホ・ケータイ対応版はこちらへ


宣誓供述書の認証手続き

宣誓供述書を作成しましたら、在日アメリカ大使館市民サービス課で公証手続きを行います。

ここでいう公証とは、書類を持参した人が

「この書類が正しいことを宣誓します」

と権限がある領事の面前で誓って、サインすることです。

領事はそのサインをしているところを確認し、

「この書類を持ってきた人は、書類が正しいものであることを私の前で宣誓しました」

という意味の公証人のサインをその下にいれます。



ぴかぴか(新しい)持参するもの

パスポート
コーポレートキット一式
宣誓供述書 

ぴかぴか(新しい)アメリカ大使館の場所
  東京都港区赤坂1-10-5 電話 03-3224-5000(代表)
                03-3224-5174(アメリカ市民サービス一般)

ぴかぴか(新しい)業務時間
  月〜金 8:30〜12:30; 14:00〜16:00 
ぴかぴか(新しい)休館日
  日本および米国の祭日 

ぴかぴか(新しい)その他

宣誓供述書には日付と宣誓する人の氏名を活字体で記入し、サインは入れないでください。
領事の面前でサインをします。
料金は1通30ドルです。日本円でも支払うことができます。
受付時間等は変更になることがあります。事前に直接大使館にご確認ください。



携帯電話スマホ・ケータイの方はコチラへ


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。