カリフォルニアでの会社設立 アメリカで会社設立@米国法人設立マニュアル

携帯電話スマホ・ケータイ対応版はこちらへ


カリフォルニアでの会社設立

晴れカリフォルニアでの会社設立 晴れ
1商号

●末尾に付ける表記
"Corporation" "Incorporated"もしくはその省略語

●無許可で使用できない表記等
"Bank" "Trust" "Trustee" 公共機関と誤解する可能性がある商号は不可。
2取締役

●最少人数  株主が3名未満の場合は株主と同数。株主が3名以上の場合は最低3名。
●年齢制限  条件なし

3年次報告

●時期  毎年、会社設立月の月末まで

4州税

かわいいフランチャイズ税(法人所得税)

カリフォルニアで設立された会社、および、州内でビジネスを行っている州外会社は、課税対象となります。
 税額: 純利益の8.84% または 800ドル のどちらか大きな額
つまり、カリフォルニアで設立された全ての会社は州内のビジネスの有無に関らず、最低800ドルのフランチャイズ税が課税されますので、注意が必要です。




携帯電話スマホ・ケータイの方はコチラへ


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。