オフィサーと取締役 アメリカで会社設立@米国法人設立マニュアル

携帯電話スマホ・ケータイ対応版はこちらへ


オフィサーと取締役

オフィサーとは取締役会に選任される会社の執行機関です。
日本の商法では代表取締役やその他の取締役個人を指しますが、アメリカでは取締役オフィサーは分離して考えます。
(ただし、小規模の会社では取締役とオフィサーが同一人物であることが多いのが実情です。)

ここで、「オフィサー」(officer)は直訳すると「役員」となりますが、日本語での一般的な解釈では「役員」とは「取締役」を意味するでしょう。

アメリカ会社法の「オフィサー」は明らかに「取締役」とは異なるものですので区別する必要があります。従って、「役員」と表現し混同してしまうことを防ぐため、ここでは「オフィサー」と表記します。
オフィサーの内訳は州により異なりますが、典型的な例としては以下のとおりです。

  ・社長 1名
  ・副社長 1名または複数
  ・秘書役 1名
  ・会計役 1名

多くの州では、秘書役と社長の兼職を除き同一人物が2つのオフィサーを兼任できるか、もしくは同一人物が全てのオフィサーを兼任できるようになっています。

秘書役と社長の兼任ができない州が存在するのは、2名のオフィサーが契約書その他の正式文書に署名する必要性を予知したうえのものです。

制定法でオフィサーの職名を指定していない州では、会社は秘書役補佐,会計役補佐ならびにその他制定法で言及されていない役職を設置することができます。

そのオフィサーの名称は、最高経営責任者(CEO)、最高業務執行責任者(COO)、最高財務責任者(CFO)などです。



携帯電話スマホ・ケータイの方はコチラへ


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。