アメリカ会社設立事業形態『Corporations』 アメリカで会社設立@米国法人設立マニュアル

携帯電話スマホ・ケータイ対応版はこちらへ


アメリカ会社設立事業形態『Corporations』

次項有『Corporations』

事業形態は一般的な株式会社です。
一番知られている事業形態でしょう。
株主は事業から発生する債務に個人責任を負わない有限責任です。
税法上は、会社は事業利益を法人所得として申告し、株主への配当金はさらに個人所得として申告する、いわゆる二重課税となっています。

アメリカにおける会社(corporation)は、日本の株式会社に相当します。
会社を管轄する法律は州法によって定められ、会社は州法の下に設立されます。
なので、全米で同じ条件で会社の設立ができるのでなくそれぞれの州によって異なってきます。

会社は設立された時点で独立の人格を有します。
これによって会社は財産を取得したり保有したり譲渡したりすることができます。
また、会社は株主や取締役とは別人格であり、それらの者の死亡によって会社が抹消されることもありません。

今日ではほとんどの州において、会社設立の条件として州内の居住を条件としていません。 アメリカ非居住者であっても株主や取締役になることができます。



携帯電話スマホ・ケータイの方はコチラへ


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。