アメリカに会社を設立する目的とは? アメリカで会社設立@米国法人設立マニュアル

携帯電話スマホ・ケータイ対応版はこちらへ


アメリカに会社を設立する目的とは?

日本人がアメリカに会社を設立する

実は、これは大して珍しいことではありません。

日本の税務署への外国会社としての届出数は、年間約2500〜3000社がアメリカの会社なのです。
実際にこれらのうち大半が起業を目的とした会社設立であると思われます。

そして、日本国内で営業活動を行わない場合、税務署への届出も行わないケースも多数あるため、それを加味するとかなりの割合でアメリカに会社設立していると考えられます。

日本人がアメリカに会社を設立する目的は、次の2つに大きく分かれているようです。

  1アメリカを拠点とした国内外でのビジネスを行う
  2日本に外国会社を設立し日本でビジネスを行う

このうち、2の外国会社とは、アメリカに少ない資本金(理論上は1セントでも可能)で株式会社を設立し、日本に支店登記するというのもです。
これによって、日本で株式会社(アメリカの)として営業活動を行うことができます。

日本で法人格を取得でき、会社の登記簿や印鑑証明なども取得することができます。
日本の株式会社の資本金1000万円と比べて僅かな資本で起業できるという理由により、多くの起業家が利用しています。

さらに、日本の株式会社では最低 取締役3名+監査役1名が必要であるのに対し、アメリカでは最低 取締役1名(あなた1人)で設立することもできます。

これによって、事業主1名だけで株式会社が設立できるのです。
SOHOや週末起業などの人にはうってつけの方法といえます。

また、アメリカに会社を設立する日本人は、おおむね”アメリカ好き”であるといえるでしょう。
その中には将来はアメリカに住みたいと考えている人も多いようです。
そのような方に、このアメリカの会社の日本支店を登記する方法は大変有効です。

現在、アメリカの就労ビザの取得は大変難しくなる傾向にありますが、日本支店からアメリカ本店に駐在するという方法で、駐在員ビザ(L-1ビザ)を申請することができます。
この方法で多くの日本人がアメリカ生活を実現するに至っています。

アメリカの会社は日本人が簡単に設立することができます。
特に、現地に出向く必要なありません。
ファックスやインターネットなどの通信手段で手続きを進めることができるのです。晴れ



携帯電話スマホ・ケータイの方はコチラへ


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。