どうして日本人がアメリカで会社を設立できるのか? アメリカで会社設立@米国法人設立マニュアル

携帯電話スマホ・ケータイ対応版はこちらへ


どうして日本人がアメリカで会社を設立できるのか?

最大の要因は、

アメリカでは、会社は州のもとに設立されます。
しかし、ほとんどの州において、取締役等の役員(あなた)が州内に居住していなくてもOKなんです。

つまり、役員全員が州外の居住者(たとえ外国の居住者であっても)、会社を設立することができるのです。
このアメリカ独特の会社設立法を利用するわけですね。

ただし、州内に会社事務所を設置しない場合、会社を管理するための代理人(業者)を州内に設置することになっています。これはレジスター・エージェントと呼ばれ、各州には相応の報酬によってこれを引き受ける多くの業者が存在しています。

つまり、州内にレジスターエージェントを設置することによって、全ての役員が日本人であっても会社を設立することができるのです。



携帯電話スマホ・ケータイの方はコチラへ


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。